Uncategorized

美少女優等生が堕ちるまで〜変態理事長の脅迫調教〜

美少女優等生が堕ちるまで〜変態理事長の脅迫調教〜

名門学園に在籍し、成績優秀、陸上部のエースで次期部長とされており、
学園で1、2を争う美少女と言われる「朝陽(あさひ)」。

一見完璧な優等生に見えるが気さくで優しく、少し抜けたところもあって周囲から
愛されている。
他校に彼氏がいて、明るくさわやかに学生らしい交際をしている。

家はごく普通の中流家庭だったが、数年前に両親が離婚したため朝陽は仲のよかった
父親とともに暮らしている。

成績優秀者への特待制度で学費がかなり安くなっているとはいえ、
朝陽が良家の子女が多い名門学園に通うのは大変なため、父の営む定食屋で
アルバイトをして、自分の小遣いや学園で必要な文具費、教材費などまかなっている。

そうやって忙しくも楽しい日々を送っていたある日、朝陽は部活の顧問教師に
進路指導室へと呼び出される。

顧問は朝陽の学業成績や部活での実績を褒めてくれつつ、学園では禁止されている
飲食店でのアルバイトをしてることを指摘する。

実際には保護者の店での家業手伝いの形であり、業種も健全な定食屋での土日や
夜の早い時間の業務がメインで、家庭の経済的な事情などもあり許可の出せる内容
なのだが、顧問は大げさに「特待制度も利用しており、内部進学の推薦も受ける
手筈のようだし、部活のエースで次期部長でもあるのだから責任重大、
軽率な行動は許されないし、退学まではいかないが停学で、部は廃部か無期限休部
にしなければならない」と告げる。

驚いた朝陽は「自分の責任なので処罰は自分だけにして欲しい、留年でも退学でも
受け入れる」と言うが、顧問は「これまでずっと、そういう規則だったから」と
困った顔をして首を振る。

そんなやりとりが続いて「どんな処罰でも受け入れる。バイトも辞めるし、
なんでも言うことを聞くから許して欲しい」と朝陽は涙ながらに訴える。

入学した当時から朝陽を狙っていた、これまで教師という立場を最大限利用して
気に入った女子学生たちの弱みを握り、いいようにしてきた彼は心の中で
ガッツポーズしつつ鼻息を荒くして「今の言葉に二言はないな?」と確認する。

顧問は「私の言うことに逆らわなければそれでいい」とだけ言って、
朝陽は涙ぐみつつうなずく。

そして、今ここでフェラチオをするように要求する。
朝陽は驚くも動揺している状態であれこれと脅されて混乱しきり、命令に従ってしまう。

-Uncategorized

© 2024 アヒルの18禁にじふぁーむ Powered by AFFINGER5